HOME | FTSユカカラ床暖房
FTSユカカラ床暖房|いつもの、あったか、まったり。

足元から部屋全体を暖める遠赤外線温水床暖房
【FTSユカカラ床暖房】

FTSユカカラ床暖房の特徴

FTSユカカラ床暖房の特徴

FTSユカカラ床暖房は、単に床を温めるだけの器具ではありません。主暖房として床からの遠赤外線放射で部屋全体を均等に温める設備です。FHSの温水床暖房は遠赤外線の放射量が高く床面が熱くなりすぎないので、全国の保育園・幼稚園や介護施設などで使用されている安全な床暖房です。  
FTSユカカラ床暖房のブラックパネルは従来難しいとされていたアルミパネルへの黒色の塗装を行い、黒色放射の効果を得ることができました。またパネルにはセラミック成分が加わっていることにより、サウナストーンや岩盤浴などで体を温める遠赤外線の効果も得ることができます。その効果は通常の床暖房のアルミパネルの約2倍ともされ、高効率で部屋全体を暖めることができます。

 

FTSユカカラ床暖房の長所

天井を暖めていませんか?~室内の理想の温度~

これまでのエアコンやファンヒーター、ストーブの暖房では、床下からの冷気の影響を受け、部屋の天井付近ばかりが暖まり、非効率でした。 FHSの遠赤外線温水床暖房は、エアコンを使用しなくても主暖房として足元から部屋全体を暖めます。

埃を立てず空気がキレイ

FTSユカカラ床暖房は、熱源機で温めた温水を床下のパネルに循環させ、遠赤外線の放射することで部屋全体を暖めます。
エアコンやファンヒーターと違い空気を動かさないので、埃を立てず嫌な風や臭い、音も発生しません。
心地良い空間をFTSユカカラ床暖房が演出します。

 
赤ちゃん、ペットにも安心安全な床暖房
足元から暖まる床暖房|電気の1/8のコストです。

足元から部屋中を暖める

吹き抜けがある大きなリビングは皆のあこがれですが、エアコンだと吹き抜けや天井部分ばかりが暖まり足元が寒くなってしまいます。
FTSユカカラ床暖房は足元から天井まで同じ温度、部屋の隅々までムラなく暖め、家族の暮らしを柔らかく包み込んでくれます。

 

水漏れの心配がなく長寿命

FTSユカカラ床暖房は「ジョイントレス」と呼ばれる特殊な技術により、床材の下のパイプのつなぎ目(ジョイント)が発生しないため、水が漏れる心配がありません。
また高耐久を誇る樹脂パイプを採用しており、100年以上の耐久性があります。

 
耐久性が抜群
どんな間取りでもOK

自由設計であらゆる間取りに対応

MDF(中密度繊維板)を使用した上張広報用パネルは自由にカットできるので、リビング空間の収納やテレビ、ピアノなどがある部分を除いて敷設したり、廊下やトイレ、掘りごたつの下など狭くて変改のスペースにも全て対応可能です。

 

他の床暖房との比較

  FTSユカカラ床暖房 電気式床暖房 従来の温水床暖房
暖まる場所 部屋全体が暖まる 広い部屋を暖めるのには適さない 厳寒時には補助暖房がなければ部屋全体が暖まるのに時間がかかる
強度 壊れにくく、水漏れの心配がない 経年劣化する可能性有 壊れやすく水漏れする可能性有
メンテナンス 外設置の熱源機のみ 床材の下に発熱体がある為、修理が難しい 水漏れ以外は外設置の熱源機のみ
使用できる
床材
様々な種類の床材を設置可能 限られた床材しか選べない 無垢材等は使用できない
子どもペット
への負担
パネルが高温にならなく安心安全 床が高温になるため、低温やけどに繋がる可能性有 床が高温になるため、低温やけどに繋がる可能性有
イニシャル
コスト
20~30帖の面積になるほど安い 3帖程度の場合は熱源機不要のため安い 価格が統一されておらず、設備業者により大きく費用が異なる
ランニング
コスト
電気式の約1/8 高コスト 電気式の約1/8

選べる床材の種類

FTSユカカラ床暖房は様々な仕上材に対応できます。
一般的なフローリングはもちろん、無垢材、畳、塩ビフロアなどあらゆる仕上材に対応します。

無垢材や畳は床暖房対応のものに限ります。
不明なものに関してはテストをすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

フローリング

一般的なフローリング

 

無垢材

無垢材フローリング

 

塩ビフロア

塩ビフロア

 

畳

 

タイル

タイル

 

大理石

大理石

 

カーペット

カーペット

 

コルク

コルク